2020年06月24日

御朱印をいただく・住吉神社(西都)編

A7D6399B-615C-4643-AAFD-9ABF923C6482.jpg
再び西都市内に戻り、西都インター近くにある住吉神社へ。R219沿いにあるので、実に簡単にわかると思います。
950744FB-3552-47FC-A789-2558F3BD4C9C.jpg
修復作業中みたいでした。
D60061B6-57BB-4F58-98E9-1EE41CED518E.jpg
社務所にどなたもいない場合、御朱印は隣にある理容店でいただくことができます。早速、理容店に行き、御朱印をお願いしたらいただけました。理容店が休みの日はいただけない感じがしてきました。
posted by キエーボ at 22:42| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

御朱印をいただく・新田神社編

888EA558-3404-4980-8F6C-53A39955D12F.jpg
先日記事にした春日神社に行く前に、こちらの新田神社を参拝しておきました。新富となれば「にった」でもなく「しんでん」でもなく「にゅうた」になります。
85C6E241-9EA6-4C6D-B5FC-591F8F267BBC.jpg
こちらの方は相当にひっそりした感じになっています。社務所らしき建物はあるにはありましたが、当たり前のように誰もいませんでした。
4225C3DE-5C4D-46CE-8D78-60DF35BDC287.jpg
御朱印をいただきました。新田神社の御朱印は春日神社でいただくことになります。このあたりをしっかり把握しておくのも御朱印活動には欠かせないですよね。
posted by キエーボ at 22:26| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

御朱印をいただく・春日神社編

AB2601B3-0B46-4102-A57C-C27A66CC2D6A.jpg
なんだかんだで、御朱印・納経印もかなり在庫ができてきたので、一気に書いていかないといけません。西都から新富に行きました。しかし、川を渡って隣が新富になるので、すぐに春日神社に着きました。またまた子どもさんのおはらいみたいです。
B061FFCB-0C77-43B7-8F17-E2A510DBA695.jpg
初めて見るような感じの建物でした。賽銭箱の近くにはコロナ退散のお札がもれなくいただけるようになっていました。私もありがたくいただき、我が家の仏壇に奉納しました。
9AAD1390-1F16-4E23-A25C-DA3B4B115B09.jpg
御朱印をいただきました。

posted by キエーボ at 22:44| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

御朱印をいただく・都萬神社編

23AC25B6-E6FA-48AA-8162-C737E8B55D49.jpg
ようやく西都の御朱印活動に戻ります。続いては西都の中心地に近いところへ。目指すは都萬神社です。これで「つま」とはなかなか読めないですよね!
5547B40F-AB20-445A-A3E7-E7F4629C55BD.jpg
ここが日本清酒発祥地とは知らなかったです。宮崎イコール焼酎ゆえ、なかなか清酒のイメージは浮かばないでした。
2B53433A-3C58-4F2F-B5C3-6E4D6D354B39.jpg
あまりに素晴らしい雰囲気でした。
CC29DAC8-260A-4FC4-9306-1A27F2C6959A.jpg
生まれてきた子どもさんのおはらいが終わるまでしばらく待ってから御朱印をいただきました。
posted by キエーボ at 22:20| 宮崎 ☔| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

御朱印をいただく・速川神社編

A459F52F-A654-40F9-81FE-600F4BB06218.jpg
この日のメインともいえる速川神社へ。R219の杉安から少し山奥へ入っていくところからスタートになります。スタート地点は国道沿いですし、駐車場も国道沿いなので、とてもわかりやすいです。
27335044-D314-4AA3-829C-D9916447DABE.jpg
これは荷物を運ぶロープウェイみたいなものでしょうか?
A9D2D8A8-2A8B-4F03-B542-1D9F306BFB6C.jpg
国道沿いにまずは鳥居があります。まずは川沿いに出るまで下り坂となります。
C550F588-73A4-43AB-9E1A-D7B3DE46750F.jpg
まさかの沈下橋!まさかの雨でかなり増水していました。集中豪雨などあって渡れないことも間違いなくあるはずです。
7B487D31-482B-4FBC-837E-051003FB0CC2.jpg
川を渡ると殺人的な急坂になります。ウワサには聞いていたので、いつものサンダルから運動靴に履き替えて臨みましたが、サンダルでは滑りまくってケガをしてしまいそうです。
6AB85304-9C77-4669-A75B-10991F680067.jpg
やっとのことでたどり着きました。当然のように汗だくになってしまいました。
120FC35D-DBCF-47BB-890D-217E3D432445.jpg
周囲には滝もあり、まさに素晴らしい場所でした。
A72046D8-A444-4C2D-8F2A-9FDEB5C17EBC.jpg
御朱印をいただきました。苦労して参拝した甲斐がありました。
posted by キエーボ at 22:25| 宮崎 ☔| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

御朱印をいただく・剣柄稲荷神社編

DA401B4F-7CE3-46DF-AC4A-0450FBA88C5B.jpg
今回は久しぶりの御朱印活動。なかなか行けなかった西都にしました。高岡から西都に行くのですが、途中の国富にも素晴らしい神社があるというので、早速、剣柄稲荷神社に参拝することにしました。思いっきり国富の中心地にありますが、ここだけは雰囲気が違います。駐車場も近くにあるので、まるで問題なしです。
4263DBEE-25D3-4886-818F-9D7C70B36F18.jpg
なぜか神社にはクスノキがよくありますよね!こちらにもかなり大きなクスノキがありました。
2FD5BDED-612E-4F5D-AD09-F81EBC4754A2.jpg
なかなかに素晴らしい雰囲気の神社です。
A130BDA7-B296-4FA6-8933-47A75F6A8011.jpg
ちょうど宮司さんが掃除をされていたので、御朱印の旨を伝えると、社務所の方に案内されました。お茶菓子までいただいてしまいました。
E77E771D-EA51-4FF6-BF7F-E2BD92C4AEC5.jpg
素晴らしい御朱印です。初穂料を納めようとしたら、こちらではいただかないとのことでした。さすがにそのまま帰っては申し訳ないので、賽銭箱に納めさせていただきました。
posted by キエーボ at 22:22| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

御朱印をいただく・金谷神社編

93B4D55E-F720-48BA-8D7D-2E9C68A93E77.jpg
大照院参拝後、椿八幡宮も参拝してきました。しかし!まさかの社務所にどなたもいらっしゃらないという事態に。こちらでの御朱印はまたの機会となりました。
E0647658-DAB5-4B92-BA80-01EFEFC2EECD.jpg
まだ◯◯のはなしが萩に到着するまで時間があったので、萩駅近くの金谷神社へ。駅を出て北にまっすぐ歩けばすぐにわかります。
2618A24B-24CD-4285-AB6B-71FA35C55FF2.jpg
なかなかの素晴らしいつくりではないですか!さすがは萩で、松陰神社や東光寺、大照院など、まだまだたくさんあるみたいです。
813C9888-72CF-4B7A-83A8-57C0A3806DDD.jpg
さすがにこの時期は誰一人としていなかったみたいです。
ACEB5DF0-C686-4C18-9BD2-8D30D19896BE.jpg
御朱印は書き置きになります。月日は各自で記入する感じになります。お賽銭箱に納めて御朱印をいただきました。
posted by キエーボ at 23:16| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

御朱印をいただく・大照院編

0275ECC0-C0A0-442D-928E-DF39E1A71C22.jpg
◯◯のはなしは次の東萩駅が終点になります。現在の萩は東萩駅の方が栄えているみたいです。ちょうど西鹿児島と鹿児島のような状態みたいな感じです。今回は車内イベントがないということで、こんな時くらいしか萩駅下車はできない!ということで、下車しました。
3099EF7D-0EED-4CAB-BE03-90B6790D02B0.jpg
萩駅の隣に萩市観光協会があります。下車した時に確認していなかったのが痛かったですが、ここでもレンタサイクルが可能になります。間違いなく大照院に行くにはレンタルサイクルです!
C5352E6C-3332-4678-9BDA-EEFBC8ADD5A1.jpg
このようにしっかり案内も出ているので迷うことはないでしょう。
265B8C54-38A1-4D40-AB7E-AB2FC51D399F.jpg
いきなりとんでもない楼門がありました。ここから入ることはできないみたいで、画面右の方から入ることになります。200円必要になります。
AEC83338-0717-45CF-9178-9D4A589E0F55.jpg
本堂になります。意外にも内部の撮影OKとのことですが、ここではupしません。それくらいすごすぎる!というところでした。
3F871C87-66BA-4633-AF19-762ACEA8BF58.jpg
裏は庭園がありました。
61E82B6D-E8CC-400E-AAFF-C316BBE42CDE.jpg
この先に毛利家代々のお墓があります。なぜか鳥居があり、神社みたいな感じになっていました。東萩の東光寺と同じような感じでした。
6E284223-92A6-4629-AD74-DACDEBB76298.jpg
御朱印をいただきました。やはりお寺の御朱印は迫力がありすぎますよね!今回もあまりに素晴らしいものでした。

posted by キエーボ at 23:23| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

御朱印をいただく・鹿児島神宮編

7CCC6D8D-7ECA-4E80-B8DA-6E5C86BB8B82.jpg
初午祭が開催される鹿児島神宮。やはり、始まる前にしっかり参拝して御朱印をいただこう!ということになりました。
52234A12-C77A-4B64-97F2-278574383C18.jpg
当日は時折強い雨が降りましたが、このくらいの雨なら初午祭は開催されると知ってビックリ。台風並みの天気にならないと中止ということはないとか。しかし、この石段はサンダルではあまりに危険だったことに変わりはなかったです。
1BCA8CD2-2C5A-49EA-91A6-05D914351B44.jpg
この石段を登ったところで参拝となります。やはり一之宮というだけあって、あまりに素晴らしいし、厳格な雰囲気でした。
D8CF1E39-82B0-4383-BD00-B9D9770FE822.jpg
御朱印をいただきました。さすがに初午祭特別御朱印はありませんでしたが、やはり一之宮の御朱印は素晴らしいものがありました。
posted by キエーボ at 22:56| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

御朱印をいただく・熊野神社編

CFAFC7AF-2EB4-442B-B35F-5541B61348AF.jpg
この前の土曜日は湧水町の寺社参拝をしてから地元活動のつもりでしたが、この後に一気に疲れが出て寝てしまうという大失態でした。やってきたのは熊野神社です。R268から竹中池の方に向かうとあります。クルマは数台大丈夫みたいな感じです。
BB902183-6866-4095-8D13-074EC37120EC.jpg
神社に向かう途中にある熊野水源。
857528E7-CB0B-45E4-92C0-4DEDA8259EF6.jpg
底から湧き出しています。もちろん、うまい!最初の画像に緑ネットがありますが、そこで何やら養殖していました。小林の出の山みたいにチョウザメではなさそうでした。
79655CAC-B02D-4B8E-99D5-56CD7885BB65.jpg
味わいのある道です。
284C2942-58DF-4ADA-B52E-94AF0ACC3C81.jpg
こじんまりとした神社ですが、とても厳格な素晴らしい雰囲気でした。参拝をしようとしていたら、いきなりクルマが。どう見ても宮司さんでした。御朱印の件を聞いてみたら、いただけるとのこと。
1AF8D1DE-A0C1-4B82-B319-590648DD2D22.jpg
御朱印をいただきました。
posted by キエーボ at 23:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

御朱印をいただく・王宮神社編

612B2D71-DA89-4BAA-811D-DEDC193C0E52.jpg
時間的にいよいよ厳しくなってきたので、多良木の王宮神社を参拝して、この日の参拝活動は終わりになりました。青井阿蘇神社みたいな楼門がインパクト大ですよね!
1B270277-265F-4A4B-B0B7-F21AA62E1900.jpg
楼門をくぐると、こんな感じで拝殿がありました。なかなか落ち着いた感じでした。
A78270C7-41B9-46C8-87E3-5FB4543AFAA2.jpg
左右には境内社。こちらは源嶋神社。
CE33BC25-7BBC-4EC4-8F2F-0A4736C9C966.jpg
同じく境内社の若宮。
4FF11655-F28C-4D77-B0DF-2D8B65446011.jpg
かつて湯前の里宮神社や水上の猫寺等の御朱印をいただいた時にこちらも参拝しましたが、社務所にどなたもおられずに引き上げるしかありませんでしたが、この日は宮司さんと地元の方?がおられたので聞いてみたところ、道の向かい側の家で受け付けているとのこと。ちょうど駐車場のところに家がありますが、確かに宮司さん宅の証でもあるしめ縄みたいなものが玄関にありました。お願いしたら、しっかり御朱印をいただけました。
posted by キエーボ at 23:04| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

御朱印をいただく・勘代寺編

A2E25307-57B0-4A5E-ADBE-481A6226F3D8.jpg
休日出勤後、あまりにボサボサになった髪をばっさりすべく、錦の大衆理容へ。さて、それからどうしたものか?になりました。散髪が終わったのが15時前。大畑でしんぺい4号を冷やかすには時間があるし、すぐさま我が家に戻っても面白くないので、寺社仏閣参拝をしよう!となりました。時間が時間だけに、ピンポイント参拝となるので、今回は多良木へ。まずは勘代寺に。
A5BEA0DB-5813-4061-B0C2-250732F19D9D.jpg
こちらが本堂になります。
2B63A786-0C69-4EB5-AAFF-B5E3B11FECDF.jpg
こちらや本堂から少し離れたところにも仏像がいろいろありました。やはり素晴らしい空間ですよね!
8BCF7C1F-14B9-4AFC-8D95-C8673DCB2C44.jpg
本堂でくつろいでいるニャンコ。
7B46BFDF-6271-454E-B281-D3B78D5BF099.jpg
納経印をいただきました。お茶菓子までいただいてしまいました。やはりお寺の参拝はこれからも続けていきたいし、いつかは四国の八十八ヶ所巡りをやりたいです。
posted by キエーボ at 22:54| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

御朱印をいただく・最福寺編

F76F1C7D-7F9A-479D-8DBB-BD303C1D82AD.jpg
昨日は桜島のイベントからなぜか平川へ。本来なら中央なり谷山なりからバスで近くまで行くつもりでしたが、まさかのヤフー乗り換え案内が最新の時刻改正に未対応だったとは!走って谷山電停から谷山駅まで行き、何とか列車に乗れました。目指すは最福寺!
FDF690BF-2BD5-4E33-93B2-8BF0C0F08632.jpg
目指すは画像奥の建物なのですが、平川駅から歩いて20分という、まさに修行となりました。
347D2A23-99FB-464C-8C67-E7977F696949.jpg
まさかの電柱倒壊!電線もそのままだったので、これは恐ろしい感じになっていました。
92D4A689-A906-47F1-8661-7D3B35FC3E2D.jpg
やっとのことで着きました。この建物の中に大弁財天がありましたが、これはあまりにすごすぎでした。何もかもがスケールが違いすぎる!というのが最初でした。
ED10DE24-B2B2-4A34-845A-DF52BA9E1F2C.jpg
納経印をいただきました。こちらでは二種類いただけます。まずは九州三十六不動霊場。
2CDC7245-58DA-4A6A-A458-3D779C251664.jpg
こちらは大弁財天。どちらも力強い字で感動しました。
posted by キエーボ at 23:19| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

御朱印をいただく・奈古神社編

60B34A02-46FC-465E-8C49-9E966C531D28.jpg
宮崎神宮・皇宮神社参拝後は我が家に引き上げるだけとなりましたが、やっぱり寄り道してしまいました。奈古神社になります。県道9号線からちょっと脇道に入ったところにあります。案内の看板もあるのでわかりやすいです。
61738148-B5EE-4FA3-A1BB-CBC05C1582F3.jpg
鳥居をくぐると、いきなり別世界のような感じになってきました。
CD86F3A8-AB2E-4E6F-BB63-4E79F27A38D4.jpg
なかなかいい神社ではないですか!参拝後、宮司さんがおられたので、御朱印をいただくことになりました。
2AA6F822-B280-4F70-BF47-BAD0A790EDA9.jpg
あまりに素晴らしい御朱印でした。また、神楽も奉納されるとかで、これは拝見したいところです。
posted by キエーボ at 23:24| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

御朱印をいただく・宮崎神宮&皇宮神社編

73B9A89A-6C9F-4DE7-B32E-00343A467F3A.jpg
宮崎神宮では1月末日までの期間限定で昭和15年の復刻版御朱印をいただけるとの旨を知り、神武さま以来の宮崎神宮に参拝となりました。宮崎神宮に参拝する前に近くにある皇宮神社も参拝しておくのが普通なワケです。なぜかスマホ撮影分がなかったので、皇宮神社の写真はありません。
AAD0CC58-7EF9-4006-9D51-927F9A568AA5.jpg
令和初日や神武さまと賑わっていた宮崎神宮でしたが、落ち着いた雰囲気の方がいいに決まっています。霧島神宮でもそうですが、人が少ないと、ものすごい張り詰めた雰囲気になります。これが神宮のすごさなのでしょう。
628E07D6-236C-4F05-A181-DB8AE5591B69.jpg
御朱印をいただきました。実にシンプルな御朱印ですが、重みが違うのが宮崎神宮ですよね!
63B544C3-CEF2-43D7-B0D1-D4913191D969.jpg
こちらは通常いただける御朱印ですが、印からまるで違いますよね!
06DBDA74-45B0-40C7-8A24-ABD9E793607C.jpg
皇宮神社は御朱印帳記入となると、宮崎神宮でいただくことになります。宮崎神宮では一切皇宮神社については書かれていないので、これは知っておかないといけません。こちらの方は通常と同じ印でしたが、宮崎神宮と同じような感じのものをいただきました。やはり重みがある御朱印でした。
posted by キエーボ at 23:24| 宮崎 ☔| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

御朱印をいただく・生目神社編

BC2C2CA7-45DF-4B8E-A835-D0AE3C5221E0.jpg
長久寺の参拝を終えて、あとは引き上げるだけになりましたが、生目神社にも立ち寄ってみました。駐車場は3ヶ所ありますが、今回は2番目に近いところにクルマをおいて、歩いていきました。
553F8F7C-2007-4501-A0AC-25CB38F3AFA8.jpg
源平討魔伝ではおなじみの平景清を祀る神社とかで、目に御利益があるとか。
6991943A-37D1-4C39-9658-C137F3682FE5.jpg
この日も多くの方が参拝されていました。私も視力はあまりよくありませんし、伊達政宗の隻眼みたいに、人の心が見える目になりたいです。
CBDCF550-3296-44E9-8EFD-39A64BD09DD9.jpg
御朱印をいただきました。日本一社!あまりに素晴らしいです!
posted by キエーボ at 23:06| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

御朱印をいただく・長久寺編

EA16C888-F97B-4A7D-B501-06F6DD181E3D.jpg
宮崎山形屋で開催されていた橿原の物産展を切り上げ、我が家に戻る途中に長久寺に立ち寄りました。住宅地にありながら、ここだけは別世界でした。
B4289034-7251-4ACE-A142-284FC434F5B5.jpg
まさに弘法大師。ということで真言宗のお寺になります。
D3AAF78A-0E60-40A8-906F-0473CA7D7947.jpg
納経印を預けて参拝しようとしましたが、法事中ということで、しばらく待つことに。そこで、本堂近くにあった石段を登ってみたら!!!まさかの八十八ヶ所の石像が。これを回れば八十八ヶ所巡りと同じ御利益をいただけるかどうかはわかりませんが、しっかり回ってみました。しかも、閏年ということで逆打ちをしてみました。
4BA36F1E-A12E-4AC1-A57F-0548AD9F5DBD.jpg
そうこうしているうちに参拝もでき、納経印もいただくことができました。こちらは二つの霊場があるので、納経印も二ついただけます。まずは九州八十八ヶ所百八霊場の納経印になります。
0DD88176-1894-42B9-882E-EC304386C89C.jpg
こちらは九州三十六不動霊場の納経印になります。やはり三十六周年の印をいただきました。
posted by キエーボ at 23:17| 宮崎 ☀| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

御朱印をいただく・吾田神社編

EFE216E3-B865-4F12-BAC0-8C02EAD3FFDD.jpg
4日も結果、海幸山幸となりました。久しぶりに魚釣りをしに海幸山幸となりましたが、御朱印の方も外せません。難攻不落の神社がまだありました!
21D6E18C-8B08-4DEF-8AB0-5ED15AA7DA00.jpg
日南駅からほど近い吾田神社。4日ということで三が日は終わったのですが、幟旗があることから期待したいところです。
DDCAAA36-C648-4BA3-ABAD-EF6D17C4986F.jpg
幟旗はもちろん、紅白幕まで!画像右の方に臨時?の授与所があり、お守りなどがありました。もちろん、御朱印も大丈夫でした!
43C470C7-25B1-4938-B615-C4F53E595350.jpg
こちらもやっとのことでいただくことができました。なかなか宮司さんがいらっしゃらない神社は正月や例大祭あたりにヤマをはって参拝した方が良さそうです。
posted by キエーボ at 23:22| 宮崎 ☔| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

御朱印をいただく・吾平津神社編

FF90F5D3-28A0-4B01-969D-A72595D4B375.jpg
油津駅から少し歩いた堀川運河沿いにある吾平津神社。
80AE475B-47A7-4059-BCA9-BF7E07A6BDAA.jpg
またの名を乙姫神社。とにかく難攻不落の神社で、何度も参拝すれど宮司さんがお留守ばかり。なかなか難しい!例祭なり正月近辺なりで狙いにいくしかない!とみていたので、3日にしたのもありました。
0F82500A-BE12-43D1-A3D0-76A7CF19A4BC.jpg
海に近いこともあるのか?コンクリート造りの神社になります。中は実に神聖な感じになっています。いつも画像左の授与所はカーテンがかかったままですが、この日は窓も開いている!期待できそうです。
8034E828-E8E6-4B70-AC55-669E88B0354A.jpg
もちろん、御朱印は大丈夫でした。待っている間、甘酒をご馳走になりました。これがうますぎる!冬には甘酒は欠かせないですよね。
577488F5-5060-4684-9CBA-4AF06E898308.jpg
念願の御朱印をいただきました。なぜか二日の間違いはご愛嬌でしょう。半年あまり参拝して、時には石段から滑り落ちてケガをしたりした神社でしたが、あまりに素晴らしい御朱印をいただきました。
posted by キエーボ at 23:10| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

御朱印をいただく・潮満寺編

4A36F0D7-9AD6-46C0-8A9A-7701D64AE2CB.jpg
1月3・4日と18きっぷの消化試合をしたのですが、日南なり延岡なりに行って御朱印をいただく!という考えでしたが、結局、2日連続で日南となってしまいました。しかし、なかなか難攻不落の御朱印もいただくことができました。
452161F1-DCBD-4F66-937F-A512EEA70D85.jpg
まずは潮満寺へ。油津港近くの高台にあるお寺です。
46E4D357-C083-4314-97B0-33CCD43212E9.jpg
こちらが本堂になります。
BEC099DC-1E5A-4C85-AB65-EC571920D24A.jpg
油津港が一望できる素晴らしい場所にあります。
01CACC5B-FED2-4E0A-9840-2BE5481BC7D7.jpg
九州八十八ヶ所百八霊場の納経印になります。
2A74153D-D769-4B98-A179-446CA6FA8BD4.jpg
さらには九州三十六不動霊場も兼ねているので、納経印は二種類存在します。三十六周年というためか?特別な印も押されていました。ありがとうございました!
posted by キエーボ at 23:47| 宮崎 ☁| Comment(0) | 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする