2019年03月03日

秘境中の秘境へ

34D17CF7-FB97-44FB-AD20-02333938EC6D.jpg
今日は久しぶりに宮崎交通の一日乗車券を使ってみることに。以前チャレンジした、西都〜西米良同様に難攻不落の日向〜上椎葉にチャレンジしました。我が家から椎葉は西米良からR265、湯前からR388になるのですが、どちらもいわゆる「酷道」。離合困難な狭くカーブだらけの道ゆえ、まともに行くこともできない、まさに秘境中の秘境です。
298C23EC-8215-4F4B-9020-0310C15DB86D.jpg
西米良線同様、乗り倒しにいくのは私一人くらいのものでしたが、やはりこれが私には似合っている旅のスタイルだと改めて思っています。仲間と旅をするよりは、完全に孤独で飲み食いしながら旅をして、眠たくなったら寝て、風景を見たいなら見て・・・が私には相応わしいし、これからはこのようなスタイルの旅を目指していきたいですね。
E501DB52-8F92-4A14-8F67-0E9718E5B2E5.jpg
2時間半以上の長時間乗車ですが、トイレ休憩が2回あるのはありがたいところです。乗る前に大きい方だけはしっかり出していますが、小さい方は近いので、休憩時にしっかり絞り出すようにしています。
EF2620F8-B57D-4CE4-ABA0-F0AABF332BE1.jpg
これが秘境の地!日向に行く最終が肥薩線山線区間よりすごい12:50が最終。これを逃してしまったら諸塚村までは行けますが、そこで夜を明かさないといけない地獄が待っているみたいです。
A74CCEF0-576F-44C3-AE97-21259E97A1E5.jpg
実に久しぶりに見た上椎葉ダム。間違いなく上からの方があまりに素晴らしい光景になりますが、35分後に最終が出発ではここからが精一杯です。
37450225-F32A-49CF-A3B7-2F0607BCC38F.jpg
上椎葉ダムを見に行ったら、こちらは攻略できませんでした。しかし、やはり椎葉は素晴らしい!と改めて感じましたし、こんな秘境の地にも路線バスがあることも素晴らしい!と感じました。
posted by キエーボ at 20:51| 宮崎 ☔| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

宮崎交通ワンコインパス

8F7A5075-3CE1-4C32-8B53-EB67DE469256.jpg
過去に何度か宮崎交通一日乗り放題1800円を使って乗りまくりました。宮崎交通の運賃が高いせいか?すぐに元が取れる感じになっていますが、さらにすごいものがあります。ワンコインパスです。土日祝と年末年始しか使えないし、宮崎・都城・延岡地区のエリア限定になってしまいますが、一日500円乗り放題はあまりに魅力的です。宮崎地区は宮崎市が合併により広大になったので、佐土原から青井岳、道の駅フェニックス、なぜか綾の酒泉の杜まで行ける!クルマで酒泉の杜に行ったら、まず飲めない!しかし、バスならしっかり飲めるし、青島観光も間違いなくJRより安い!サイフ事情がリーチとなれば、迷わずこれで1日バス旅ですね!延岡地区も延岡市内だけかと思いきや、日向市でも使えるのがありがたいです。これまた間違いなくJRより安いでしょう。都城地区は三股や高原には行けるみたいですが、あまり範囲は広くはなさそうです。
posted by キエーボ at 23:26| 宮崎 ☀| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

宮崎交通定期観光バスに乗る・4

7767B321-8AE0-453F-A20A-C4B70A21C0B0.jpg
飫肥を出発し、最後の目的地・鵜戸神宮に向かいました。バスということで、石段を上り下りしないといけません(別途料金でタクシーの予約もできるとか)。まずは、こちらの運玉をいただきました。これも料金に含まれているから素晴らしいところです。
B176FEA2-64C2-4801-9FBC-4623DDBB4290.jpg
これまた久しぶりの鵜戸神宮となりました。絶景の中にあるところがすごいですよね!
D1FCE783-3CD3-4FB5-BA91-E87B6B2A6E0A.jpg
洞窟の中に社があるところもすごいです。
85E78B97-FF46-4C41-B399-AFF909175313.jpg
この中に入ればいいのですが、毎度のようにかすりすらしませんでした。なかなか左手で投げるのは厳しいところがありますよね!
048C3699-FB74-48D7-9004-E8E4640FE616.jpg
あまりに楽しく素晴らしい時間はあっという間に終わりとなりました。初めて宮崎交通定期観光バスを利用しましたが、旅行客の方はもちろん、自分のような地元の人でもしっかり満喫できる!まさに宮崎再発見のバスツアーとなりました。もちろん、これで終わりではなく、これからが始まりとなります。季節ごとに景色は違ってくると思うし、今回の乗車で新たなる宿題もできました。また、ガイドさんによってまるで違う案内があるはずゆえ、これまた楽しみなところです。近いうちにまた乗れるように準備したいと思います!ありがとうございました。
posted by キエーボ at 23:10| 宮崎 ☔| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

宮崎交通定期観光バスに乗る・3

EB6C9093-4906-41DF-AA74-D24F1AEF36F9.jpg
飫肥に着きました。城下まつり以来の飫肥ですが、やはり落ち着く場所ですよね。また、敷地内に小学校があるのも素晴らしいところです。
AFECAB15-6DBB-4E25-98BA-516485C7485C.jpg
お昼は服部亭なるところになりました。
139C864A-735B-4EE3-8980-EF0C15932320.jpg
相当に豪華なお昼となりました。
557B7EEB-3555-4C6D-9175-1A756B6432BB.jpg
こんな素晴らしい庭園を眺めながらいただくので、さらに美味しくいただけるワケです。このお昼も料金5000円に含まれます。海幸山幸のんびりきっぷ4000円、お昼1000円くらいになるので、定期観光バスがいかにおトクか!ということです。
B0DA0BA7-ED0C-457A-BF2E-F5D4B673C83C.jpg
飫肥の自由散策コースを選択したので、おなじみのあゆみちゃんマップをいただきました。引換券5枚、3ヶ所の施設見学ができる、まさに飫肥散策の必需品です。
EA24904E-312E-42FA-B9C6-FB5F60F95F43.jpg
焼酎、醤油、箸などと引き換えましたが、やはりこれははずせない!ささみ戸村焼!いつもは羽身ばかりですが、こちらもやっぱりうますぎる!
C1ACE224-0CEA-49C2-8F37-3B216C683820.jpg
油津獲れマグロのトロがなんでこんなに安いのよ?ということで、ついつい買ってしまいました。さすがにこの時間に飲んだら帰れなくなるので、ノンアルにしました。
6EDB33A4-7E01-4AF6-9BA6-E716B0131F93.jpg
引換券を使い切ってしまったので、こちらは手出しとなりました。久しぶりの厚焼き玉子。やはり飫肥に来たらこれでしょう。抹茶と異様なまでに合うから素晴らしいところです。そうこうしているうちに集合時間となりました。
posted by キエーボ at 23:19| 宮崎 ☁| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

宮崎交通定期観光バスに乗る・2

5DA23935-36AC-4791-9989-D3A35FE580AF.jpg
青島を出発してしばらくすると、これまた宮崎の代名詞・堀切峠へ。その近くにある道の駅フェニックスで見学となります。海幸山幸でも鬼の洗濯岩が見えるところで停車しますが、こちらの方はあまりに有名な場所になりますよね!
714C41A5-1A56-4761-93B5-344E44272B1E.jpg
道の駅と言えば、なぜかソフトクリームが有名で美味しいですよね!さすがは宮崎!マンゴーや日向夏とありますが、えびって一体・・・。
9CF5793C-544C-4B7D-84E5-959D7BD79191.jpg
青島を出発する際、ガイドさんからマンゴーソフト50円引き券をいただいたので、えびソフトにチャレンジしたい気持ちを抑えてマンゴーソフトにしました。真冬でもソフトクリームはいける!間違いなくうまい!これに尽きました。
A944A1DC-AE05-4C8E-94BD-D87E590B15A1.jpg
出発までまだ時間があったので、あれこれ最近のお土産を見てみることにしました。自分が子どもの頃は迷わず青島せんべいでしたが、今や多種多様になっていますよね!そんな中、私がダイスキなあじもありましたが、なぜか門川産でした。
46104858-4EA1-4FF4-A0E6-73DC7E3D90A9.jpg
ここから飫肥までが長丁場。つまり、ガイドさんの本領発揮というところです。しかし、これがあまりにも素晴らしい!当日は睡眠時間2時間で臨んでしまい、早朝の宮崎港でのじんつう撮影では眠たくてまるで気合いが入らなかったのですが、ここでは眠気はどこへやら。あまりに素晴らしい話や歌に子ども時代に宮崎交通の観光バスで宮崎遠足や修学旅行に行った頃を思い出してしまいました。新婚旅行ブーム時代、宮崎交通のバスガイドはあまりにすごいアコガレの存在だったらしいですが、子ども時代の私もやはりアコガレの存在。そして今もやはりアコガレの存在ですね。
posted by キエーボ at 23:22| 宮崎 ☀| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

宮崎交通定期観光バスに乗る・1

A0D54E5A-7A6B-4B77-B914-E994D8B425E0.jpg
やはり、これはしっかり記事を書かないといけないので、何回かに分けて書いてみようと思います。宮崎交通の定期観光バスは土日祝を中心に運行されています。運行日は宮崎交通のHPに掲載されています。予約制ということで(予約なしでも当日空席があれば乗れるには乗れるが)、3か月前から予約ができるとか。電話申し込み、営業所申し込み、インターネット申し込みとあるみたいです。私は所用で宮交シティに行った際、窓口で申し込みました。申し込み時は名前と電話番号、乗降場所、飫肥でのコース選択を聞かれます。料金はインターネット申し込み以外は当日に宮交シティ到着時に窓口で払ってチケットをガイドさんに渡す仕組みになっています。ということで、私は宮崎駅から乗ることにしました。都城や日南に行く路線バス乗り場からの発着になります。案内板もあるし、宮崎駅近くに宮崎交通の営業所があるので、すぐにわかるはずです。座席は向こうが決めてしまうシステムで、◯◯さんは一番前の運転席側です!という感じで案内されます。申し込み順なのかどうか?このあたりはナゾです。山形屋前、橘通り一丁目などで乗客を乗せていき、宮交シティへ向かいますが、それまではガイドさんが申し込み事項の確認をしていたので、まだまだスタートとはいきませんでした。
BC9CEF25-08AD-438F-99AE-A5D744EBEF14.jpg
宮交シティに着いたら、乗客は全員下車となり、窓口で料金の支払いとなります。現金はもちろんですが、クレジットカードも大丈夫らしいです。支払いが終わると、チケットをもらえるので、それをガイドさんに渡すことになります。観光バスにはトイレがないので、宮交シティでもしっかり済ませた方がよさそうですし、おやつ等の買い出しも可能です。画像は過日撮影したものです・笑。
EF21BA1B-5C89-42CB-AACB-828D09696D44.jpg
ようやくガイドさんの本領発揮となりました。やはり、話題が豊富で、あまりに引き出しが多い!という感じでした。まずはあまりに有名な青島。何年振りよ?というくらい久しぶりの青島でした。やはり、かなり変わっていました。
4F8BBFEA-D746-4891-BD49-5DCC8C969FE1.jpg
青島神社参拝など、子供の頃以来のような感じでした。
42D0226D-544F-49AE-B445-D495DB71E239.jpg
こんな奥地があるとは知らなかったです!このあたりまでガイドさんの説明があり、あとは出発時間まで自由行動となりましたが、いやいや、久しぶりの青島で、あれこれ見ていたら、あっという間に出発時間になりました。
posted by キエーボ at 23:21| 宮崎 ☁| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

新たなる道へ

E184D664-9436-4BAD-A3A3-6840C7D10577.jpg
日南には直接クルマで行ったり、宮崎駅にクルマを置いて海幸山幸や宮崎交通1日乗車券で行ったりしていますが、新たなる道へ。ひなたライナーを調べていた際に宮崎交通のHPで見つけた定期観光バスです。
ADDD9807-D7A6-4485-B29B-7B3A8F31E6D9.jpg
青島、道の駅フェニックス、飫肥、鵜戸神宮に行くという、まさに宮崎観光の王道なところはありますが、実に久しぶりの観光バスはあまりに素晴らしいものでした。宮崎交通のバスガイドさんのレベルはあまりに高すぎる!引き出しが数えきれないほどあるみたいな感じです。
9A80DBF6-5391-4A18-A3D9-7FB20E7167F2.jpg
久しぶりに本家・運玉にチャレンジしてみましたが、見事なまでに惜しい!というのもありませんでした。
090430A0-C2BB-4372-9E0F-654DC117CCFC.jpg
しかし、お昼やお土産、あれこれ特典がついて5000円はおトクですし、それ以上の価値がある素晴らしいものでした。子供の頃から宮崎交通のバスガイドさんはアコガレの存在でしたが、やはり今でも素晴らしいアコガレの存在に変わりはないと再認識。これはまた時間を見つけて乗りにいくぞ!と決意しました。
AB326FA6-7FB7-4123-8C60-47DD3350FF97.jpg
内部見学こそムリでしたが、朝夕に宮崎港に行き、停泊中の護衛艦・じんつうの撮影をしてきました。艦艇公開もしっかり行きたいところです。
3478DDB5-B178-4F51-962D-E9F4C6136214.jpg
また明日から厳しい6連勤になります。土曜日通常出勤はやはり厳しいですが、また日曜日は出かけます。あれこれ見てみたいイベントだらけですが、大本命は鹿児島神宮の初午祭になります!
posted by キエーボ at 21:25| 宮崎 ☀| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

すんません回送中です

A7C47EFF-F087-4C0E-9407-938A56103D74.jpg
毎度おなじみ・宮崎交通の路線バス。車庫なりに回送する際、電光表示バスは「只今回送中です」「すみません回送中です」と表示して回送していますが・・・。
C3756A70-9BE5-4BA5-A1FC-BB676FACCE49.jpg
確か一台だけ「すんません回送中です」と表示されるバスがある!と言われています。かつてクルマを運転していたら、通り過ぎていったのを目撃したくらいで、まともに撮影すらできないままになっていました。この前、海幸山幸乗車後、毎度のようによかもん市場に歩いていたら、いきなり登場しました。
C8A1EBE5-4138-4B8B-AC78-7DFD7686FC79.jpg
扉部分もしっかり「すんません回送中です」になっていました。
366C991F-8A16-4068-BE33-FF0348E29ED1.jpg
前の方に行き、しっかり一眼で撮影するぞ!と思っていたら、信号が青になり、すんませんバスはあっけなく消えてしまいました。しかし、スマホとはいえ、やっとのことで撮影できたのは大きかったです。
posted by キエーボ at 23:12| 宮崎 ☔| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ひなたライナー

FE907A82-4CBB-4930-BD18-BF1E295BA2E8.jpg
宮崎・延岡←→三宮・大阪・京都を毎日運行する近鉄バスのひなたライナー。この存在を知ると、関西はもちろん、北陸や糸魚川攻略も今以上に簡単なものになりそうです。高速バスは若い頃はニューブリーズをはじめとしてあれこれ乗りまくっていましたが、最近は18きっぷばかりだったことや新幹線ばかりになっていました。今回は丹鉄の丹後あかまつに乗りたいため、朝早いうちに関西入りしたかったので、それを低予算で実現させるにはバスしかなかったわけです。これなら三宮に6:40くらいに着き、すぐさまJRの快速なり新快速に乗り尼崎に行き、そこから福知山線に乗れば余裕で間に合うことになります。さらには、宮交シティ発着の乗車券購入で宮交シティ近くの駐車場が最大10日無料で利用できるのも大きかったです。八代駅は1日500円なので、今までは1500円かかっていた駐車場代が浮くし、JR西日本乗り放題きっぷの恩恵を受けない区間は手出しになるので、往復バスの方が安上がりになりました。
46746BC7-85BA-4F32-9331-5C223AAFDC5E.jpg
座席はこんな感じでした。かなりリクライニングができるし、レッグレストもあるので、かなりゆったりできます。ブランケットや枕?もあるし、使い捨てスリッパもあるので、車内ではかなりくつろげます。窓側席にはカーテンもあるので、プライバシーは守られる感じになっていました。
46B77A98-B0B4-4656-8FD7-92B05032D936.jpg
12時間以上乗るわけなので、トイレがないといけません。消灯後も多少は照明がついていたので、階段を踏み外すようなことはなかったですが、さすがに小さい方も大きい方の姿勢で済ませました。ゴミ捨てもトイレ近くにありました。
B900BC69-DD06-4784-8811-FED7D6DCA127.jpg
自身の反省も踏まえての課題は・・・。
1.近鉄バスには飲みものサービスがない!→運賃を安く設定するための策だと解釈したいです。よって、乗る前にしっかり飲みものは準備しないといけません。
2.開放休憩をしっかり利用!→関西行きは別府湾、宮崎行きは龍野東(西?)のSAで15分の開放休憩があります。他に小谷など何回か休憩はあるものの、運転手交代や点検などの休憩で、乗客はバスから出れません。開放休憩時に飲みもの調達をしっかりやらないといけません。龍野の方では店も営業していたので、ある程度の食料も調達可能でした。
3.持ち込み荷物は最小限に!→これは自身失敗しました。バッグはトランクに預けましたが、リュックは持ち込んでしまったものの、結局のところ邪魔な感じでした。小さなバッグなりなんなりに最小限必要なものだけを入れて、あとは全てトランクに預けた方が良さそうです。
4.服装は調整しやすいもので!→意外にも車内は暖房が効きまくっていて暑いくらいでした。長袖シャツ一枚で余裕でした。やはり、調整しやすい服装が一番です。また、車内はかなり乾燥するので、濡れタオルが重宝しました。
5.乗る前にしっかり食べる!→いくら車内に食べ物や飲み物を持ち込んでも12時間以上乗るわけなので、足りないのは当たり前です。乗る前にしっかり食べておく必要があります。宮交シティの近くのすき家、ミント近くのなか卯でしっかり食べておきました。
54BC8C13-DEE5-46C6-B47A-08AD95BBFF4E.jpg
ともあれ、やはり夜行バスはあまりに素晴らしい!魅力的だ!と改めて感じました。
posted by キエーボ at 23:16| 宮崎 ☁| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

宮崎交通を攻略せよ・開幕戦

971D323C-1DCD-47BC-9920-C34D8D9055E2.jpg
ただでさえ運賃の高い宮崎交通ですが、探してみたら、おトクな乗車券はいくらでもある!これを使えば、鉄道のないエリアでも行けるというところです。今回は宮崎交通の路線バスが一日乗り放題という乗車券にしました。その名の通り、宮崎交通の路線バスのほとんどに乗車可能になりますが、フェニックス、はまゆうなどの県外便、宮崎・延岡、高千穂便、定期観光バス、コミュニティバスには乗れないルールになっています。宮崎・延岡便に使えないのが意外と痛く、路線バスだけでは宮崎から延岡には絶対に行けないようになっています。どんなに頑張っても宮崎からだと都農が精一杯みたいです。
BFD37D45-3310-4ED7-8137-06C8E9E06A85.jpg
そんな中、路線バス乗り潰しデビュー戦はいきなり難攻不落の西米良行きにしました。一日数本しかない路線をいきなり攻めてみました。宮交シティから西都バスセンター、さらには西米良とうまく乗り継げました。当然、路線バスにトイレなどないので、バスセンターのトイレでしっかり絞り出すだけ絞り出すのは必須ですし、車内でお茶などは飲まない方がよさそうです。大きい方は出発前に出せるだけ出した方がいいですよね。
70CA1EB0-2208-44A0-9D82-6F369DF75E3B.jpg
西米良ではゆたーとに行き、温泉に入りくつろぎました。我が家からだと西米良は湯前から行くのが常套で、恐ろしいくらいに時間がかかりますが、路線バスならのんびり景色を眺めながら西米良に行けるのがありがたいです。
42EC7FB6-5779-4E88-BA70-7CC56D5FFB80.jpg
西都・西米良便は車内に宅急便の荷物入れが設置されています。バスで荷物の輸送を担っているみたいです。宅急便の方も西都から西米良まで移動するのは相当な距離ゆえ、バスに輸送を代行するというのは素晴らしいアイデアだと思いました。
B9DB1A4A-9987-447A-8D5F-4AE15739BAED.jpg
再び西都バスセンターに戻り、高鍋バスセンターに。意外と西都と高鍋は近い!と知りました。ここも一日にわずかな本数しかない路線で楽しめました。ただ、高鍋バスセンター付近には何もない!歩いて5分くらいしてファミマがあるくらいでした。
FE8C87B4-9732-4F42-839C-954A7A6B41DF.jpg
高鍋バスセンターから宮交シティ行きに乗り、途中で宮崎駅行きに乗り換えて、無事に終了となりました。やはり、乗る前にしっかり時刻を調べておかないと鉄道以上に地獄を見る感じになりそうですし、宮崎市内付近は確実に予定時刻より遅れるので、それを考慮した乗り継ぎをしないといけないみたいです。ともあれ、18きっぷより安くて面白い!のは確かなところでした。近日中にまたやります。
posted by キエーボ at 23:11| 宮崎 ☁| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

新たなる挑戦

874F06C1-BB2B-4196-9CC5-AAEAE5934D19.jpg
そもそも、今日の予定は中央駅アミュ広場のイベントを見てから、鴨池港から垂水に乗り込み、うくしまを見よう!という考えでしたが、まさかのダブルで中止という大波乱。これでは行く意味がないので、さっさと見切りをつけました。
4AAA411C-D014-4CF5-8B73-8A7C2B0BE822.jpg
宮崎駅まで行き、迷わずこちらを購入。ついに新たなる挑戦の始まり!宮崎交通一日乗り放題乗車券です。一部例外を除く宮崎交通の路線バスが乗り放題というのは素晴らしいです。ただでさえ運賃が高い宮交。軽くモトはとれます。
9A8C2FB3-82C8-42ED-8399-02CEDE2CB268.jpg
今日は宮崎駅→宮交シティ→西都バスセンター→ゆたーと→西都バスセンター→高鍋バスセンター→宮崎駅と乗り倒してきました。
F82E280D-1F15-4518-93DE-D336772DE6E5.jpg
結論からして、とんでもなく面白い!JR以上に眠たい時によく寝れる!トイレなしは厳しい!というところでした。宮交乗り潰しはまた近いうちにやろうと思います。

posted by キエーボ at 21:35| 宮崎 ☀| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

延岡行くならひむかでしょう!

BC85128B-5114-4A5A-80B1-366ACABB63A2.jpg
ということで、宮崎から延岡まで高速バス「ひむか」に乗ってきました。座席定員制ということで、いわゆる自由席扱いで、座席が全て埋まってしまったら乗れない感じのシステムでした。
2F1068CE-E4B5-481B-B571-80DEB9EED060.jpg
今回は宮交シティの窓口で2枚回数乗車券を購入してみました。通常1500円のところが1300円になります。JRだと普通運賃が宮崎・延岡間が1650円、宮崎空港だとさらに高くなるので、これは絶対にバスの方が安い!当然、JRの2枚きっぷよりも安いです。
2D386FA9-B982-4072-BBA1-C3CDC81A28FF.jpg
車内はこんな感じで、かなり座り心地はいいですし、揺れも高速道に入ってからはさほど気になりませんでした。
29D0D958-AA9D-4D31-ABC2-0FC4CF61B4CA.jpg
しっかりリクライニングができるので、思いっきり倒して爆睡できましたし、クーラーのダクトが各座席にあるので、暑がり野郎は全開にしました。また、カーテンがしっかり遮光性があるので、太陽の光が嫌いな私にはありがたいものがありました。817はカーテンがないのでキツイです。
CFA9124A-7896-41EE-8513-62360E0B1EFA.jpg
これは嬉しい!携帯の充電のみになりますが、しっかり各座席にコンセントがあります。爆睡しているうちにスマホの充電ができました。
6F724180-EFF7-46A2-9B7E-DC7A0BA582C6.jpg
トイレは最後尾にあります。途中トイレ休憩がないだけに、近くてたまらない私にはありがたいものがありました。
CD2A09DF-31C2-4B32-8F6D-2232256D0909.jpg
かなり広々としたトイレでした。当たり前ながら、小さい方も座って済ませないといけません。さすがにお茶やコーヒーのサービスはありませんでした。
D97FABFC-C5CA-491B-8E17-806C4DFDDCB3.jpg
しかし、それでもJR九州の817や713よりは絶対にいいし、時間もさほど差はない!しかも安ければ迷わずひむかでしょう。我が家から延岡まで行くのはクルマだとあまりにキツイので、宮崎までクルマで行き、宮崎からひむかでも良さそうです。ただ、あまりに乗車率が悪いのか?来月から減便されるみたいです。
posted by キエーボ at 23:17| 宮崎 ☁| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

久しぶりに延岡へ!

8953DB61-5AB8-442C-A13B-3E44FD32756E.jpg
今日は海幸山幸にするか?宮崎交通の宮崎市内線500円乗り放題にするか?果てまた、志布志に行って、新造船・さんふらわあきりしまを見にいくか?と考えていましたが、今日は宮崎でコブクロのライブがあるのをすっかり忘れていたので、全てあっさりと見切りをつけて延岡へ。しかも、往復宮崎交通の高速バスにしました。後日詳しく書きますが、宮崎・延岡間に限って言えば、絶対にJRより宮崎交通!普通料金もバスの方が安いし、リクライニングシート、トイレ、携帯充電電源と充実。817や713以上ですね。
66ABECAD-65A9-4C3A-92FF-DFE8FC4A283E.jpg
何かと話題のエンクロス。私は一通り見て「もういいや!」と感じました。私のような本嫌い、1秒も無駄にしたくない人間には相応しくない環境でした。逆に本好きでゆっくりと時間を過ごしたい方にとっては絶対に素晴らしいものがあると思います。
EC5CD90B-DD04-496C-A01C-B2477E7D0B75.jpg
そこで、意外と初となる今山大師へ。これはあまりに素晴らしい!に尽きました。四国八十八ヶ所を巡ったことと同じご利益があるものがいくつかあり、これはしっかりあやかることにしました。
B8F2BE09-3A9E-48A8-8B7F-D6BBC50B1E2D.jpg
延岡駅にいる構内機関車が動いているのを初めて見ました。南延岡の旭化成機関車の現在が気になるところでしたが、ここで延岡から引き上げることにしました。
17766FAA-6286-47E3-B474-1005A11B7635.jpg
宮崎に戻って、お約束のひむかよかもん市場へ。やはり、ここに行かないといけないです。
E17D995A-C323-49F5-A7DE-6AC5ED512700.jpg
またまた懲りずに拉麺男で夕食。こってりとんこつで、さらに超こってり揚げにんにく入りに。これこそが拉麺男!うますぎる!もう少し遊びたかったのですが、コブクロライブの会場近くを突破しないといけないので、ライブが終わる前にさっさと引き上げることにしました。
posted by キエーボ at 21:02| 宮崎 ☀| Comment(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする