2017年05月28日

村下孝蔵さんの初恋の舞台へ再び!

レッツぶんぶん!&レッツ独神ファンタジスタ!
小ネタになりそうですが、本日書いてみようと思います。
まさに不朽の名曲とも言える、村下孝蔵さんの初恋。あまりにも有名なエピソードですが、村下さんが中学生時代の時のことがきっかけでこの曲が生まれたそうです。かつて出かけてみたことがありましたが、久しぶりに訪れてみました。
D5FC27C9-73B5-4986-B81B-8E53193F149F.jpg
初恋の人がこの校庭で走っていたのでしょう。中学校にしてはあまりに素晴らしい環境なんですよね。
49F876AE-81AF-4A73-A8A7-96B13077DC81.jpg
中学校の隣には神社もあります。まさに、五月雨は間違いなく緑色というイメージはここから生まれたのかもしれません。
CC037F15-86E4-4476-B295-88CCADBD21C3.jpg
このような素晴らしい環境ゆえ、帰り道に口笛を吹いていたのも納得いきますよね。風に舞った花びらは水俣川のものなのか?わからないですが、あまりに素晴らしい環境だったからこそ、初恋という名曲は生まれたのでしょう。
posted by キエーボ at 22:14| 宮崎 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さらに素晴らしい曲を多数送り出して下さると思っていただけに、早世が残念でなりません。

ただし曲目が少ないからこそ、かえって印象が強まっているのかも知れません。
Posted by コスモスの里 at 2017年05月30日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450313486

この記事へのトラックバック