2017年03月28日

やませみかわせみ初乗車後にかく語りき

今日も大真面目な記事なので、いつものおふざけ挨拶はありません。
3190B7F2-070C-4CD4-B3B1-B1605BB49F21.jpg
ようやく私も、話題のやませみかわせみに乗ることができました。デビューからしばらくはどう頑張ってもかたちができないだろう!とみていたので、少し落ちついた頃に!ということや、自分の誕生日乗車もあったので、この日にした次第です。実際に乗って感じたことを思ったまま書いてみると・・・。
1.予想以上の豪華さ。A列車以来の通常料金で乗れる列車だっただけに、どういう感じになるのか?でした。最初は、いぶたまに毛が生えたくらいだろう!などと思っていましたが、いい意味で裏切られました。通常座席もかなり座り心地がよくなり、それ以外のシートもかなりいい感じでした。あれで特急か?と非難続出のいさぶろうの座席も、これにすれば、文句はないでしょう。外見はやはり既存のキハ47ということで仕方がないでしょう。
2.窓のない座席があった。既存のキハ47を改造したこと、通常の特急としての人員設定のこともあったのでしょう。まさかの窓のない座席をはじめ、自分が取れた座席はとんでもないくらいに小さい窓だったりといろいろありました。こればかりは仕方がないところでしょう。
3.海外旅行者向けの荷物置きがあった。これはとても評価したいです。いさぶろうやSLなど、フリースペースにトランクケースが山積みにされていて、行こうにも行けないことがよくありました。これは今までありそうでなかったアイデアだと思いました。
4.揺れの方はやはりありましたが、それほど苦になるようなものではありませんでした。あれくらいでひどい!と言うくらいなら、885かもめに乗るか四国の振り子に乗ってください。個人的には伯備線の振り子に乗りたくて仕方がありませんが・笑。
5.やはり、土日の2人乗務では厳しいものがありそうだ。このまま満員状態が続くのであれば、考えた方がよさそうな感じもしました。現状は博多から応援があります。自分が乗った時は、TVや雑誌などで登場された、間違いなく販売メニューの中心的な方が応援に来られていて、これは貴重でした。
6.土日限定販売メニューは絶対にいい!スイーツのレベルの高さはハンパではなかったです。おつまみセットも文句なし!焼酎も3銘柄の中からチョイスできるのもいいですね。お弁当もうますぎでした。つぼん汁がすぐに冷めてしまうので、購入したらソッコーでいただくようにしたいです。そのつぼん汁もうますぎですね。具材があまりに小さく刻まれているのは仕方ないところでしょうか。
7.お子ちゃま座席のシートベルトになぜかビートルのロゴが。意図的にビートルにしているのか?単にビートルのやつを流用しているのか?ナゾです。
8.縄のれんが結ばれていた。採用する前に、試作品を他の列車なり何なりに設置してみて、どのようになるか?を実験しなかったのでしょうか?せっかくの力作が結ばれてしまってはいいムダにしか思えません。
9.案内やアナウンスがもっとあってもいい!途中で昔話の放送がありましたが、他にいろいろありそうな感じがしました。例えば、通過してしまいますが、白石駅やその周辺のこと、球泉洞のことなどなど、もう少しあってもよさそうな感じがしました。
10.VRゴーグルがあまりに面白かった。360度画像は今までになかった面白いものでした。ラフティングと肥薩線走行を見ましたが、とても楽しめました。ただ、乗り物酔いをする方にはオススメできないそうです。私はまったくもって平気でした。
いろいろ書いてみましたが、いろいろ修正点はありそうですが、これはまた乗りたい!と思いました。さすがに、海幸のように毎月乗るには資金面に厳しいものがありそうです。海幸なら往復4000円で乗れますが、やませみはのんびりきっぷを使うしかなさそうなので、ムリそうです。ただ、まとまった休みができたら、のんびりきっぷを使いにいく!ということでいけそうな感じですし、前述のスイーツ目当てに乗ってもいいくらいでした。やませみかわせみは誕生したばかり。これからの進化に期待します!
 
posted by キエーボ at 23:20| 宮崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キエーボはかく語りき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする